ケアプロストの有効成分について

ケアプロストの有効成分は、緑内障の患者の眼圧を下げる薬として利用されてきたのですが、思わぬ副作用として、まつ毛を伸ばすなどの育毛効果があると判明しました。

その後、成分の研究が進み、緑内障治療薬の成分であるビマトプロストによってまつ毛の成長が促進される事が解明した事で製品化されました。
最初は、美容目的というより、抗がん剤投与の副作用でまつ毛が抜けた患者さんのケアに用いられるようになったそうです。

ケアプロストに含まれるビマトプロストは、医薬品として臨床試験をクリアした上で国から認可されていて、高い確率でまつ毛の育毛効果があるという事が証明されています。

臨床データでは、元の状態より、長さが125%、密度が106%、色の濃さが118%へ改善したという臨床データがあり、使用から16週間で、全ての要素が改善したという人の割合が全体の8割にもなるそうです。

効果の割合は人それぞれなので、実際に使ってみなければわからない所ですが、まつ毛の毛周期を考えても、この位の期間継続する事で全体的なボリュームアップが望めます。

一時的に抜け毛も増える場合があるようですが、それは、新しいまつ毛の生える準備が整った合図でもあり、その期間を乗り越えてから長く生え揃い始めるようです。

なんとなく太くなってきた、コシが強くなったという実感は、使用開始から1週間~2週間程度で感じられる場合も多いので、全体的なボリュームアップの準備段階での変化も感じられる事と思います。