ケアプロストの使用方法

ケアプロストは高いまつげ育毛効果を期待できる医薬品です。しかし、間違った使い方をすれば、失明までいかないまでも、副作用が生じるリスクがあります。安全に育毛して頂けるよう報告されている副作用と使用にあたっての注意点を紹介します。

ケアプロストの使い方はとても簡単なので誰でも気軽に使えます。夜メイクを落とした後、専用のアプリケーターを使って1滴つけ、まつ毛の付け根に塗布するだけです。しかし、塗りすぎには注意が必要。他の皮膚部分についた余分な液はティッシュで拭き取りましょう。副作用として、たまに色素沈着が発生する様子。まつげを伸ばしたいと欲張ってつけすぎると色素沈着してしまい茶色っぽくなってしまうこともあります。また、使い始めの最初の数日間、目が真っ赤に充血するケースも報告されています。しかし、使用をやめれば元に戻りますのでご安心下さい。

薬液が眼に入った場合はすぐに水で洗い流しましょう。もともと緑内障用の点眼液としても使用されていますので、眼に入った場合でも、すぐに大きな副作用が出ることはありませんが、美容目的として使用する場合は、眼に入らないように注意してください。下まつ毛に使用すると薬液が眼に浸み込みやすいので下まつ毛への使用は控えておいた方が良いでしょう。用法・用量を守って服用して、大切な目を傷つけることがないようにしてください。

まつ毛が生えてくるサイクルには個人差がありますので、効果を確認するには少なくとも2、3か月は継続して使用する必要があるでしょう。まつげの育毛効果を持続させるにはケアプロストを継続して使用しなければなりません。

ケアプロストの効果

多くの女性の方々が、まつ毛に関して悩んでおられますね。特に若い女性ならば、もっとまつ毛を長く伸ばしたいと思うものではないでしょうか?その為に、つけまつ毛やエクステなど利用されている方も多いと思います。そんな中、驚くほどまつ毛が効果的に伸びてフサフサになるという「ケアプロスト」なるものが注目を浴びています。

まつ毛美容液のケアプロストは、インドの製薬メーカーであるSunPharma社によって、世界的人気のまつ毛美容液ルミガンのジェネリック医薬品として開発されました。実際に、ルミガンよりも価格が安いということもあり、ケアプロストに乗り換える人も多いようです。

主成分であるビマトプロストは、まつ毛に塗る事によりメラニン生成を活発にさせ、まつ毛1本1本を長く太くする効果と通常3ヶ月で生え変わる毛周期を2倍の6ヶ月に延ばす効果があります。世界初のまつ毛専用育毛剤ルミガンの効果は、偶然発見されました。

本来ビマトプロスト成分は、緑内障・高眼圧症治療として使用していましたが、副作用によってまつ毛の育毛効果があることが発覚し、それ以降、まつ毛育毛剤としても開発・販売するようになりました。ビマトプロストとは、食品や医薬品の安全性や有効性を審査するアメリカの行政機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)にまつ毛の増毛・育毛に効果があると認められている唯一の成分です。

ケアプロストは、長さ・密度・濃さの3つの観点で臨床実験が実施されました。結果、約8割の人に良好な変化が見られたとのこと。市販の美容液は、ここまできちんとしたデータ取得、効果検証が行われないまま発売されることがほとんどです。どちらを使用すれば、より高い効果が期待できるかは明白。ケアプロストの購入の方法として、海外医薬品として個人輸入する方法もあります。ただしインターネットの場合、偽物などに注意する必要があるため、信頼性の高いサイトで購入する必要があります。