ケアプロストの可能副作用

多くの女性の方々が、まつ毛に関して悩んでおられますね。ケアプロストは、緑内障治療点眼薬として使用されているルミガンと同じ有効成分「ビマトプロスト」が配合されている医薬品です。ルミガンと同様、緑内障や高眼圧症、まつ毛貧毛症の治療に使用されます。

一般的に市販されているまつ毛の育毛剤よりもはるかに効果があると言われています。ですが、まつ毛が伸びる反面、効果と言いますか、副作用も在ります。

・まつげが伸びる。
・まつ毛が太くなる。
・まつ毛の量が増えたように見える。
・目の充血やかゆみ。
・直接差し込んだ時の眼球色の変化。
・液が皮膚につくとシミになる可能性があります。
・肌の色素沈着や虹彩色素沈着

目の充血やかゆみ
ケアプロストには血管拡張作用があります。そのため、結膜の血管が広がり、目の充血がおこる場合があります。まれな例ですが、角膜障害を起こす可能性もあるとの報告がありますので、痛みやかゆみ、違和感があるなどの症状が長く続く場合は、医療機関を受診してください。

多くの場合、このような目の充血やかゆみなど症状は一時的なもので時間と共に改善していくようです。目の充血の改善には、即効で充血した目を綺麗で潤んだ瞳にしてくれるモデルアイズをお勧めいたします。

肌の色素沈着や虹彩色素沈着
ケアプロストに含まれているビマトプロストには、メラニンを活性化させる効果があります。そのため、薬が皮膚に付着することによって色素沈着が起き、まぶたが黒ずんだりする場合があります。

そもそもまつげは伸びはしたものの、眼圧を下げる薬だから目に入らないようにしなきゃとか、色素沈着とか、不安要素を持ったままケアなんて続けられない!ってなわけでこの手のまつげ育毛剤は使わないことにしました!

ケアプロストの副作用が出にくい上手な使い方
通常の使用方法は、
「片眼ごとに、
1滴をアプリケータ(まつ毛ブラシ)に滴下し、
1日1回就寝前に上眼瞼辺縁部の睫毛基部に塗布する。」
となっています。

更に、
「アプリケータ(まつ毛ブラシ)をご使用の場合
袋から取り出したブラシを水平に持ち、
液を1滴ブラシの先端部分に垂らします。
液を垂らしたブラシを用い、
アイラインを引くように上まつ毛の根元部分にスッとつけてください。
まぶたからはみ出た余分な液は拭き取ってください。」
となっています。

おそらく、これでは副作用が出る可能性が高いと思われます。